ハルシンのユーモアワールド

ペンギンのぬいぐるみとの会話を楽しむコメディーブログ

ヤバいご近所さん

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

春心とは?
初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド

恵梨子「うちの父が区長やってるのは知ってるよね?そこで意味不明な文書をご近所さんから受け取ったんだけど、うちの誰も解読できんかった。」
マモル「恵梨子なら謎解き得意じゃない?」
恵梨子「なぞなぞじゃないからね。なんというか、多分文書作成した本人は報告書のつもりなんだろうけどさ。」
マモル「クレーム?」
恵梨子「いや、クレームにもなってないというか、愚痴を文書化しただけだし、文書作成者は凄い被害妄想激しいみたい。」
マモル「何故?」
恵梨子「それがまたその文書の中に、暴力や放火されるかもしれないとか、そもそも文書のタイトルが事件でさ。」
マモル「サスペンスドラマの見すぎ?」

恵梨子「それは分からん。そもそも区長である父に、事件が起きました、って文書を手渡すってのが理解できないんだけど。」
マモル「区長だからじゃない?」
恵梨子「そんなのは区長の仕事じゃないでしょ。なんでも屋じゃないんだから。少なくとも口頭で言えば済む内容だったね。」
マモル「簡単に言えば、愚痴のお手紙をもらったってこと?」
恵梨子「結局何が言いたいのか分からん文書だったから、思わず笑っちゃったよ。この文書作成者は大丈夫かって。」
マモル「そうか。恵梨子が精神科を紹介するんだね。」

恵梨子「向こうから、どこかオススメの精神科ないですか、って聞かれるまではスルーであってほしい。」
マモル「その人は何才?」
恵梨子「60才は過ぎてるみたいだよ。しかも定年がないところで働いてるらしい。」
マモル「直撃インタビュー!」

恵梨子「そんなん父に迷惑かかるし、絶対めんどくさい。」
マモル「そこは慈悲を持って!」
恵梨子「自分もうつ病回復途上なんだけど…正直今は自分のことで精一杯だよ…」
マモル「ダメじゃん。」
恵梨子「この件は、町内会のトラブルというか、多分うちの父がちゃんと処理するから任せよう。」

マモル「何か役員やってみれば?」
恵梨子「親が元気なうちはやらんよ。書類作成だけは手伝ってもいいけどね。」
マモル「社会復帰を優先するのか?」
恵梨子「そりゃあ当然でしょ?町内の心配より自分の体調や就労を考えないとさ。」
マモル「恵梨子は福祉職希望…」

恵梨子「そうだ!11月12日に岡崎で研修受けることになったんだよ。今回は名古屋じゃないらしい。助かるわ。」
マモル「ピアサポートって何?」
恵梨子「それは自分のうつ病経験を活かして、同じように悩んでる仲間達を励ますことをするんだよ。」

マモル「ますます怪文書作成者を救わねば。」
恵梨子「本人や親族が病院へ通う意志がないとどうすることもできんよ。」
マモル「病院のパンフレットをポストに入れてみよう。」
恵梨子「いや、余計にややこしいことになるもんで無理。そもそも、病院のパンフレットなんてないし。」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

【応援希望】
人気ブログランキング