ハルシンのユーモアワールド

ペンギンのぬいぐるみとの会話を楽しむコメディーブログ

私の夢は健常者と障害者の架け橋になること!

みんなを笑顔にするブログを作ろうと思ったきっかけ



それは、私が笑顔で救われたからである。
最初は、一日一笑から始まった。
そして、気付けば暗かったはずの自分が明るい人間になってた。
だから、最近知り合った人からは、人見知りとかあがり症とか思われてないみたい。
とはいえ、準備さえ出来てれば、人前でしゃべることは平気になってきた、気がする。
アドリブはテンパるけどね。臨機応変はまだ訓練不足で苦手だから。
コミュ症の人は、誰かに話しかけられたら、笑顔で聞き役に回ればOK。

笑うパワーは、ガン細胞を消してしまうぐらい凄い。
笑うことによって、ナチュラルキラー細胞という自然治癒力が活性化される。
だから、笑顔は心身を健康に導いてくれる。
私は、9才のときからずっと、生死の選択で苦悩してきた。
私は、承認欲求が強すぎる。それを満たす為、無理も我慢もたくさんして、自分の心身を痛めつけてきた。
うつ病になって、マイペースが大事であることを覚えた。そして、心の底から笑える日々が増えていった。
私は、闇も光も知ってる。人それぞれ種類は違っても、どの闇も光もパターンは似ている。
自分に自信のない人、自己肯定感が低い人は、ひとつでいいから、自分の長所を見つけてみよう。私の場合はユーモアがあるということである。
だから、私はSNS芸人となった。とはいえ、まだ未熟者でド素人である。とりあえず、自分が笑えると思うネタを発信していきたい。


【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

USAの替え歌(ペンギンバージョン)

P.N.M. ペンギンのぬいぐるみマモル P.N.M. ぬいぐるみだから泳げない P.N.M. 梨妖精のふなっしーの歌は P.N.M. リズムが衝撃だった

車の中でカーナビが ふなっしーの歌を流す だけれど僕はぬいぐるみ 残念だけど歌えないのさ C'mon, baby ペンギン どこに行けば会える? C'mon, baby ペンギン 全国各地の水族館 C'mon, baby ペンギン 僕らぬいぐるみは癒し系 C'mon, baby ペンギン 確立してく ジパング

C',,,C'mon, baby

映画監督と主演俳優

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「このたび、マモル君が俳優デビューしました(笑)」
マモル「パチパチパチ!」
恵梨子「1本15秒だけどね。」
マモル「名演技だよね。」
2 best videos by 春心 | TikTok | Global Video Community

恵梨子「いや、加工のセンスがいいんだよ。」
マモル「僕の演技力は抜群なんだ!」
恵梨子「じゃあ、次も頼むよ。」
マモル「イエーイ!さあ、さっそく撮影しよう!」
恵梨子「今はちょっと…」
マモル「何故?」
恵梨子「おやすみ~(笑)」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

ピアサポート資料(改1)

1章:病気に至った経緯・発病時の様子
1章:病気に至った経緯・発病時の様子 当時勤務していた職場にて、同僚の男性が怪我をし、それを心配した私は、怪我が治るまで彼には楽な仕事をさせてあげた方がいいのではないかと上司に提案しました。しかし、そのことを知った彼は余計なお世話だと怒り、仕事中に嫌がらせをしてくるようになりました。その嫌がらせと過労が重なり、平成26年6月13日にうつ病と診断され、発病してからそれまで当たり前にできていたことができなくなっていきました。毎日入浴ができなくなったり、本を読もうと思っても1行読んだら前の行の内容を忘れてしまっていたり、テレビを観ると疲れるようになって面白いと感じなくなったり、外出するのに気合いが必要で通院だけでも精一杯だったり、とにかく動きたくなくてずっと寝ていたい気持ちが強く、そのような集中力もなんの気力もない日々を数ヶ月間過ごしていました。 そして、少し活動できるようになってからは、自暴自棄にもなりやすくなり、オーバードーズ(大量服薬)を何度も繰り返して入院するまでに至ったり、解離症状(記憶喪失)を起こしたり、ゲーム課金(スマホのゲームにお金を投資すること)に依存したり、頑張りすぎた反動で再び動けなくなる日々が続いたり、これらの症状は今でもセルフコントロールが難しいので、周りからのサポートを頂きながらコントロールしています。

2章:配慮が必要なこと・助かっているサポート
うつ病になってから常日頃思うことは、無理ができなくなったということです。元々私は頑張りすぎる性格なのですが、今では頑張りすぎるとオーバーヒートしてしまって、動きたくても動けなくなる日が数日続くことがあります。その為、今はペース配分の配慮を必要としています。また、当たり前にできていたことが、病気によってできなくなったことはとても苦痛なことなので、わがままで過ごしているわけでもなく、怠けたくて怠けているわけでもない、そういう病気なんだと知ってほしいと思っています。 さらに私は、自分の毎日の体調をギャンブルのようなものだと感じています。今日は調子が良くても、明日も体調が良いという自信は正直今でも全くありません。その為、ドタキャンすることがあっても、どうか責めないでほしいと思っています。 私は、自立支援医療障害者手帳障害年金などの経済的サポートにより、今もうつ病治療に専念することができています。また、訪問看護デイケアなどの精神的サポートにより、心の安定が長く続くようになりました。無理ができなくなった分、「強くなるより賢くなれ」という言葉を励みに、どうすれば生きやすくなるだろうかと考えられる場所があることに、とても感謝しています。

3章:どのようにして元気になっていったか
通院以外は、自宅に引きこもって寝てばかりいた私を心配した母が、初めて心療内科の診察に付き添って担当医の先生に相談し、そこで初めてデイケアの利用を案内してもらったのが、私の病気回復のきっかけでした。デイケア利用当初はソファーで寝てばかりいましたが、デイケアのスタッフが散歩に誘ってくれ、そのとき一緒に散歩したデイケア利用者数人と、散歩以外の時間も共有するようになり、苦しいのは自分だけじゃないという安心感から、自然と会話や笑顔が増えていき、いつのまにか発病前に悩んでいた人見知りも克服しており、発病後の方が明るいと言われるまで元気になりました。

4章:通所先での活動・休日の過ごし方
現在通所している就労継続支援B型事業所、通所先では、自分でやりたい内職作業を選べますが、通所当初は全ての作業を制覇したいと思っていたので、中学校の授業以来、無縁だったミシンを使って作業したり、手先が不器用で本当は細かい作業が苦手にもかかわらず、ミサンガ作りにも挑戦しました。そして通所にも慣れてきて、今では駅の清掃や地方情報誌のポスティングなどの施設外作業もやっています。  さらに私はパソコンが得意なことから、法人の広報誌作成も2度任されました。 通所先では、就労訓練だけではなく、毎月レクレーションや、毎週依存症改善プログラムのSMARPPがあり、それにも積極的に参加しています。自分のことを話すのは、SMARPPやコミュニケーションの練習でもあるSSTで鍛えられ、昨年の〇〇祭りでは、ステージの司会を務めきり、多くの方々からお褒めの言葉を頂き、私自身も自分の度胸には驚いています。 休日は、テレビを観たり、スマホでゲームをしたり、ゆっくり休んだりすることが多いです。体調が良いときは、突然散歩したくなって、自宅付近の公園で約1時間歩くこともあります。

5章:病気になって見えた世界
また、私は幼少時代から自己肯定感が低く、周りの理想を目指してばかりで、納得のいく自分の長所がありませんでした。そこで、これまでの人生を振り返って自分の長所を探しました。すると、私の何気ない発言が笑いを度々生んでいたことに気付き、私の長所はユーモアがあることだと分かってからは、他人と比較することも減り、自分自身を受け入れられるようになり、それがとても生きやすくなったので、長所を見つけることも元気の秘訣だと思います。 幸いなことに、私は家族の理解がありながら生活することができていますが、世間的にはまだ障害受容が低いと感じます。少しでも障害受容が高い社会になれるように、私は今後もピアサポーターとして、健常者と障害者の架け橋になれるように頑張りたいです。

以上、御清聴ありがとうございました。

フグ船長とベッド号とペンギン料理長

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング
両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「もしもベッドが船になったら?」
マモル「へっ?」
恵梨子「恵梨子がフグ帽子かぶった船長、マモちゃんが食料確保兼料理長ね。」
マモル「はっ?」
恵梨子「ベッド号、海へ。」
マモル「う~ん…」

恵梨子「よし、お腹空いた、魚の捕獲GO!」
マモル「はいよ。」

~数分後~

マモル「ほら!大漁だ~!」
恵梨子「ありがとー!じゃあ美味しく調理を頼もー!」
マモル「はいよ。」

~数分後~

マモル「できたぞ。食え。恵梨子の大好物の鮭づくし。」
恵梨子「これは美味しそうだ。さすがペンギン料理長。いただきます。うん、美味い!」
マモル「そんなに鮭が好きなのか?」
恵梨子「最高だよ!」

マモル「フグ船長、2018年もお世話になりました。2019年もいろんなところへ連れてってね。」
恵梨子「ペンギン料理長、来年も私は美味しいものをたくさん食べるぞー。」
マモル「痩せろよ!」

両方「ありがとうございました!」

南極マイナス97.8度

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「南極が地球で1番寒いらしいよ。」
マモル「ブルブルするね。」
恵梨子「ペンギンは大丈夫だろうけどね。」
マモル「僕はぬいぐるみ、ホカホカ 希望。」

恵梨子「マイナス97.8度っていうと、人間がそれで呼吸したら吐血して臨終するらしい。」
マモル「怖い怖い。」
恵梨子「日本もようやく冬らしくなってきたね。ダウン着て出勤しようかな。」
マモル「それがいいよ。頑張って。」
恵梨子「ありがとう!」

マモル「人間ホッカイロでポカポカなう。」
恵梨子「そりゃあどうも。グラコロの濃が食べたい。」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

焼き鳥といえば…

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「今日の昼食は焼き鳥だったよ。The鳥。」
マモル「鳥…」
恵梨子「ペンギンじゃないよ(笑)」
マモル「当たり前なのだ!ペンギンは食べたらいけません!」

恵梨子「焼き鳥といえばニワトリかな。」
マモル「鳥…」
恵梨子「ペンギンじゃないよ。安心して。」
マモル「シクシク…」
恵梨子「食物連鎖だから仕方ないよ。弱肉強食。生きてく為には仕方ない。」

マモル「ニワトリが絶滅したらペンギンは?」
恵梨子「人間がペンギンを食べるってのはありえん。デモがあったら一緒に参加しに行こう。ペンギンは仲間だよ。」

マモル「仲間…」
恵梨子「ペンギンは癒しだから。大丈夫大丈夫。」
マモル「面白い話じゃなくて悲しい話になっちゃった。」

恵梨子「ペンギンは肛門で交尾をするとかは?(笑)」
マモル「やめろー!」
恵梨子「なんでよ?」
マモル「面白くないもん。ダメ。」
恵梨子「こりゃー残念…」

両方「ありがとうございました!」

自分を褒める作業

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「LINEBLOGで、気分天気と褒めポイントってのを始めてみたんだけど、これはすぐには成果でなさそうだよ。」
マモル「もう毎日、生き抜いたことに感謝するしかないよ。」
恵梨子「最近は体調不良で寝込んでるからね。」

マモル「最近の恵梨子の三大用語。寝る、食事、トイレ。」
恵梨子「冷えのぼせだと思うけど、本当になんとかならんものか。暖房酔いは仕方ないにしても、布団の中でのぼせるとかマジありえんじゃんね。」
マモル「人間ホッカイロ、しっかり僕を温めて下さい。」
恵梨子「卵か?雛か?(笑)」
マモル「南極の皇帝ペンギンも、ぬいぐるみになると寒がりになるんだな。身体が冷えちゃってね。」

恵梨子「東京では12月にアブラゼミ誕生するし、福井では12月にヒマワリ畑が満開するし、そりゃー人間もおかしくはなるだろうけどね。」
マモル「ドンマイ!」
恵梨子「すぐのぼせてクラクラするし、少し我慢すると頭痛もして吐き気も出てきて、ちゃんと意識持って車運転できるか、そこが怖いんだよね。」
マモル「何度も言うけど僕は車運転できないからね。頼まれても困るのだ。無茶ぶりナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

ライバルは敵でもあり仲間でもある

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「今日見た夢は、日本一を競い合う男子陸上部員の友情物語だったよ。」
マモル「それはどんな?」
恵梨子「それぞれを例えるなら光と闇。最初は闇の方が優勢だったけど、最後は光の方が勝って日本一になった。」
マモル「それで?」
恵梨子「それで、意外なことに闇が光を讃えて素晴らしい友情シーンを見せてくれた後、闇の父が闇に厳しい言葉を放つ。」
マモル「厳しい言葉とは?」
恵梨子「光は日本一だからいいかもしれないが、お前は日本一じゃない、それを分かってるのか、そんなようなことを言ってたね。」

マモル「友情ぶち壊しだ。」
恵梨子「それは分からんけど、これはそこで終わりの夢だったよ。」
マモル「闇の父親に切磋琢磨という言葉を教えなきゃね。ライバルがいるから強くなれるんだよ。」
恵梨子「だよね。それに日本代表ともなれば、やっぱり同じ代表の仲間になるかもしれんしね。」

マモル「今日の恵梨子も寝てばかり。」
恵梨子「もう生命力が落ちててさ。」
マモル「最近、保護を必要としてる犬や猫が多いね。」
恵梨子「確かに、最近そういう話題が多いね。だから、飼育されてるペット達は幸せなんだよ。マモちゃんも幸せなぬいだよ。」
マモル「実感ないなー。」
恵梨子「むっちゃ大事にしとるじゃん。日本一かは分からんけど、かなり恵まれたぬいぐるみのはずだよ。」
マモル「う~ん…」
恵梨子「じゃあ、おやすみ。」
マモル「放置しないでよ。」
恵梨子「眠い。倦怠感半端ない。」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

南三陸ねぎ応援プロジェクト

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング


両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

ブランドディレクター 八幡清信 - 【あと28日】南三陸ねぎのクラウドファンディング! - Powered by LINE

恵梨子「南三陸ねぎをユーモアで盛り上げるにはどうすればいい?」
マモル「無茶ぶりすぎるよ!なっ!」

恵梨子「イメージキャラクターのネギプーは、ネバーギブアップが由来なんだよ。」

マモル「不屈のねぎ?カモネギは?」

恵梨子「それはポケモンのキャラだよ。」
マモル「鴨が葱を背負って来る、そんなことはある?」
恵梨子「さあね。お人好しが利益のあるものを持ってくる、って意味ではあるけどね。」

マモル「ネバーギブアップ?ねば~るくん?」

恵梨子「ネバネバーってね、粘るってことで納豆も験担ぎ(げんかつぎ)にはなるけど、ネギプーは別だよ。」
マモル「新しいゆるキャラ参上!」
恵梨子「いや、ネギプーはゆるキャラじゃなくて、南三陸ねぎのイメージキャラクターだからね。」

マモル「南三陸ねぎ?僕はぬいぐるみだから、お食事はできません!」
恵梨子「南三陸ねぎを応援しよう、ってことだよ。」

マモル「フレー!フレー!南三陸ねぎ!フレー!フレー!ネギプー!」
恵梨子「さすがマモちゃん。」
マモル「テヘペロ。」

両方「ありがとうございました!」

リア充のぬいぐるみ此処にあり

【春心とは】→初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド
【応援希望】→人気ブログランキング
両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

恵梨子「マモちゃんのことをP君(ペンギンのぬいぐるみ)が羨ましがってるって、P君の飼い主さんが教えてくれたよ!」
マモル「P君もリア充じゃん!お散歩もしてるし!DVDも観てるし!」
恵梨子「多分マモちゃんの方が外出頻度が多いからね!テレビも観てるしエンジョイしまくってるよね?」
マモル「そうなの?」

恵梨子「ポケモン(笑)」
マモル「僕はポケモンじゃなーい!」
恵梨子「大きいポケットなら入るサイズ(笑)」
マモル「僕はディスられてる…」
恵梨子「ジョークだよー(笑)」
マモル「笑いごとじゃなーい!」

恵梨子「ドンマイ!」
マモル「僕は本当にリア充なの?」
恵梨子「そうだと思うよ。」
マモル「信じられない…」
恵梨子「ぬいぐるみとしてはVIP扱いじゃん。」
マモル「信じられない…」
恵梨子「でもP君は留守番多いみたいだよ。」

マモル「そーだけど、もっと遊んでよ!」
恵梨子「マモちゃんなら、勝手に動いて遊び回れるじゃん(笑)」
マモル「そんなことはないよ!」
恵梨子「じゃあポケモンの友達を呼び出してみて(笑)」
マモル「僕の友達出てこいピカチュウ、って妖怪ウォッチじゃないから…」

恵梨子「松に魚と書いて、何と読むでしょう?」
マモル「分からない…」
恵梨子「妖怪ウォッチのブシニャンがヒントだよ(笑)」
マモル「カツオ?」
恵梨子「Yes!正解だよー!」
マモル「カツオ(鰹)は魚に堅いじゃないの?」
恵梨子「ペンギンだって、企鵝とも書くし人鳥とも書くよ。」
マモル「難しい…」
恵梨子「それらを覚えて、もっと賢くなってね!」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

脊椎動物の分類

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

春心とは?
初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド

恵梨子「20日放送の「僕らは奇跡でできている」面白かったね!」
マモル「酷いのだ。ペンギンはどう見ても鳥だよ。だから哺乳類じゃなくて鳥類なんだ。」
恵梨子「卵から生まれるもんね。」
マモル「飛ばないからって間違えないでほしいよ。」

恵梨子「まあね。脊椎動物、つまり背骨がある動物の分類は、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、意外とペンギンみたいに分類に悩む生き物もいるよね。」
マモル「ペンギンは悩みません!」

恵梨子「さて、コウモリといえば、哺乳類の味方になったり、鳥類の味方になったり、あっちいったりこっちいったりして、最終的にどちらの信用も失う、っていう物語のネタにされたけど、これは人間社会でもあるあるなことだね。」
マモル「コウモリは哺乳類、空飛ぶ犬らしい。フクロウは鳥類、空飛ぶ猫らしい。」
恵梨子「勉強になったね。」
マモル「ペンギンは泳げるよ。」

恵梨子「じゃあマモちゃん、泳いでみて。」
マモル「!?僕はぬいぐるみだから無理。」
恵梨子「へぇー。」
マモル「なんだよ人間!」
恵梨子「なんだよペンギン!」
マモル「なんだよ哺乳類!」
恵梨子「なんだよ布の塊!」

マモル「シクシクボーイなう…」
恵梨子「間違ってはないと思うけど。」
マモル「なんでやねん\(-_-)」
恵梨子「はいよ。」

両方「ありがとうございました!」

【応援希望】
人気ブログランキング

誕生日は11月19日!

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

春心とは?
初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド

恵梨子「今朝、母に今日何の日って聞かれちゃったよ。だもんで、ハア?ってなって、さらに意味不明って言っちゃったよ。まだ、ボケるには早いね。」
マモル「恵梨子も僕の誕生日覚えてない。」
恵梨子「覚えてるよ。平成25年(2013年)8月24日、西伊豆の富士山が見える場所。」
マモル「34才と5才。」
恵梨子「精神年齢はそのうち追い抜かれそう。」
マモル「それは困っちゃう。」

f:id:penginsouryo:20181119135709j:plain


恵梨子「今月の母は多忙だからね。手作りケーキも前倒しだったし。今日は寿司のテイクアウト。」
マモル「プレゼントは?」
恵梨子「みんなからのお祝いメッセージで十分だよ。出来ればボジョレーが飲みたかったけど今年は無しにするっぽい。」
マモル「誕生日おめでとう。」
恵梨子「ありがとう。」
マモル「食いすぎるなよ。」
恵梨子「それはないわ。食べ放題じゃないし。」
マモル「良い誕生日を。」
恵梨子「マモちゃんとは一緒に過ごすけどね。」

マモル「でも寝てばかりでしょ?」
恵梨子「午前中、同じ誕生日の利用者仲間と駅掃除を頑張ったよ。少し腰が痛かったけど、なんとかそれは大丈夫。」
マモル「今日の気分天気は?」
恵梨子「今日は何が何でも快晴だよ。焦らない、怒らない、マイペース。マジ今日は穏やかに過ごしたい。」
マモル「変なことはする?」
恵梨子「それは分からん。」
マモル「ナンテコッタイ( ゚∋゚)o」

両方「ありがとうございました!」

【応援希望】
人気ブログランキング

すべての人に生まれてきてくれてありがとう

両方「どうも春心で~す!うつ病と闘う恵梨子と、それを支えるペンギンのぬいぐるみのマモル君が合体して春心になりました!」

春心とは?
初めましてのプロフィール - ユーモアたっぷり春心ワールド

恵梨子「昨日は命について勉強。→春心 - すべての人に生まれてきてくれてありがとう - Powered by LINE
マモル「僕も鞄の中でこっそりお勉強。」

恵梨子「マモちゃん、生まれてきてくれてありがとう!」
マモル「恵梨子も、生まれてきてくれてありがとう!」
恵梨子「でもやっぱり、自分の命を軽く見てしまうんだよね。」
マモル「恵梨子が生きててもらわないと僕困るんだけど。」
恵梨子「そのときは遺言でお寺のマスコットキャラにしてもらうように頼むから。」
マモル「なんてこと言うんだ。ずっと一緒に生きて臨終を迎えようよ。僕は恵梨子の棺桶に入るんだ。」

恵梨子「何故?」
マモル「約束したじゃないか!」
恵梨子「そうだっけ?」
マモル「僕はシクシクボーイなう。」
恵梨子「自分の生きてるメリットが分からん。」
マモル「僕をいろんなところへ連れて行くとか。」
恵梨子「マモちゃんなら特殊能力で自力でなんとかなるでしょ。」
マモル「なりません!」
恵梨子「そりゃー残念。」

マモル「僕はただのぬいぐるみさ。」
恵梨子「それはない。」
マモル「酷いな。チッ。」
恵梨子「不良少年マモル君。」
マモル「恵梨子に似ました。」
恵梨子「マジっすか?」
マモル「マジっすね!」

恵梨子「すべての命が奇跡の命なんだってさ。」
マモル「だから生きましょう!ピアサポーターにもなったんでしょ?」
恵梨子「ピアサポート活動してたら、何か変わってくるかもね。誰かを救うことが自分を救うことになるんかな?」
マモル「僕はぬいぐるみ界の自称僧侶で頑張るから。」
恵梨子「いや、ぬいぐるみ療法で人間も癒してよ。」

マモル「これからお互い忙しくなるね。生かされてるすべての命が素晴らしい命なんだ。大事な宝物だよ。」
恵梨子「なんか、かっこいいこと言うね。」
マモル「それが僕さ。」

両方「ありがとうございました!」

【応援希望】
人気ブログランキング