ピアサポート資料(改1)

1章:病気に至った経緯・発病時の様子
1章:病気に至った経緯・発病時の様子 当時勤務していた職場にて、同僚の男性が怪我をし、それを心配した私は、怪我が治るまで彼には楽な仕事をさせてあげた方がいいのではないかと上司に提案しました。しかし、そのことを知った彼は余計なお世話だと怒り、仕事中に嫌がらせをしてくるようになりました。その嫌がらせと過労が重なり、平成26年6月13日にうつ病と診断され、発病してからそれまで当たり前にできていたことができなくなっていきました。毎日入浴ができなくなったり、本を読もうと思っても1行読んだら前の行の内容を忘れてしまっていたり、テレビを観ると疲れるようになって面白いと感じなくなったり、外出するのに気合いが必要で通院だけでも精一杯だったり、とにかく動きたくなくてずっと寝ていたい気持ちが強く、そのような集中力もなんの気力もない日々を数ヶ月間過ごしていました。 そして、少し活動できるようになってからは、自暴自棄にもなりやすくなり、オーバードーズ(大量服薬)を何度も繰り返して入院するまでに至ったり、解離症状(記憶喪失)を起こしたり、ゲーム課金(スマホのゲームにお金を投資すること)に依存したり、頑張りすぎた反動で再び動けなくなる日々が続いたり、これらの症状は今でもセルフコントロールが難しいので、周りからのサポートを頂きながらコントロールしています。

2章:配慮が必要なこと・助かっているサポート
うつ病になってから常日頃思うことは、無理ができなくなったということです。元々私は頑張りすぎる性格なのですが、今では頑張りすぎるとオーバーヒートしてしまって、動きたくても動けなくなる日が数日続くことがあります。その為、今はペース配分の配慮を必要としています。また、当たり前にできていたことが、病気によってできなくなったことはとても苦痛なことなので、わがままで過ごしているわけでもなく、怠けたくて怠けているわけでもない、そういう病気なんだと知ってほしいと思っています。 さらに私は、自分の毎日の体調をギャンブルのようなものだと感じています。今日は調子が良くても、明日も体調が良いという自信は正直今でも全くありません。その為、ドタキャンすることがあっても、どうか責めないでほしいと思っています。 私は、自立支援医療障害者手帳障害年金などの経済的サポートにより、今もうつ病治療に専念することができています。また、訪問看護デイケアなどの精神的サポートにより、心の安定が長く続くようになりました。無理ができなくなった分、「強くなるより賢くなれ」という言葉を励みに、どうすれば生きやすくなるだろうかと考えられる場所があることに、とても感謝しています。

3章:どのようにして元気になっていったか
通院以外は、自宅に引きこもって寝てばかりいた私を心配した母が、初めて心療内科の診察に付き添って担当医の先生に相談し、そこで初めてデイケアの利用を案内してもらったのが、私の病気回復のきっかけでした。デイケア利用当初はソファーで寝てばかりいましたが、デイケアのスタッフが散歩に誘ってくれ、そのとき一緒に散歩したデイケア利用者数人と、散歩以外の時間も共有するようになり、苦しいのは自分だけじゃないという安心感から、自然と会話や笑顔が増えていき、いつのまにか発病前に悩んでいた人見知りも克服しており、発病後の方が明るいと言われるまで元気になりました。

4章:通所先での活動・休日の過ごし方
現在通所している就労継続支援B型事業所、通所先では、自分でやりたい内職作業を選べますが、通所当初は全ての作業を制覇したいと思っていたので、中学校の授業以来、無縁だったミシンを使って作業したり、手先が不器用で本当は細かい作業が苦手にもかかわらず、ミサンガ作りにも挑戦しました。そして通所にも慣れてきて、今では駅の清掃や地方情報誌のポスティングなどの施設外作業もやっています。  さらに私はパソコンが得意なことから、法人の広報誌作成も2度任されました。 通所先では、就労訓練だけではなく、毎月レクレーションや、毎週依存症改善プログラムのSMARPPがあり、それにも積極的に参加しています。自分のことを話すのは、SMARPPやコミュニケーションの練習でもあるSSTで鍛えられ、昨年の〇〇祭りでは、ステージの司会を務めきり、多くの方々からお褒めの言葉を頂き、私自身も自分の度胸には驚いています。 休日は、テレビを観たり、スマホでゲームをしたり、ゆっくり休んだりすることが多いです。体調が良いときは、突然散歩したくなって、自宅付近の公園で約1時間歩くこともあります。

5章:病気になって見えた世界
また、私は幼少時代から自己肯定感が低く、周りの理想を目指してばかりで、納得のいく自分の長所がありませんでした。そこで、これまでの人生を振り返って自分の長所を探しました。すると、私の何気ない発言が笑いを度々生んでいたことに気付き、私の長所はユーモアがあることだと分かってからは、他人と比較することも減り、自分自身を受け入れられるようになり、それがとても生きやすくなったので、長所を見つけることも元気の秘訣だと思います。 幸いなことに、私は家族の理解がありながら生活することができていますが、世間的にはまだ障害受容が低いと感じます。少しでも障害受容が高い社会になれるように、私は今後もピアサポーターとして、健常者と障害者の架け橋になれるように頑張りたいです。

以上、御清聴ありがとうございました。

「ケータイ文化」誕生の背景と課題

これは私の卒論(2007年)の一部である。



はじめに
 携帯電話は今、通話だけではなく多目的な機能を持つようになってきた。ここ数年で、携帯電話の進化に伴い、ビジネスマンだけではなく、小学生や高齢者にまで携帯電話は広がり始めてきた。携帯電話を持ち始めた理由や使い方は人それぞれではあるが、少なからず携帯電話は多くの人々の生活に様々な影響を与え、いろいろな分野で活用され、新しい文化を生み出す道具として存在している。すでに、携帯電話を手放せない人も増えているが、携帯電話は安全や便利だけを生み出しているわけではなく、危険なことも多く報道されており、今後、特に小中学生への影響を考慮しながら使用方法を、考える必要がある。また、携帯電話各社が様々なサービスを展開しており、番号ポータビリティ制度が始まってから、どのように変化していくのかも気になるところである。  そこで本論文では、携帯電話が生み出した文化を「ケータイ文化」として、人や社会と携帯電話の相互関係を考察する。まず、携帯電話がどのように進化を遂げ、その進化と共に携帯電話を支持してきたユーザー像を様々な視点から分析する。また、携帯電話が起こした出来事などを取り上げ、携帯電話によって変化した人間関係や今後の携帯電話像を考慮に入れながら、携帯電話が人々のために何の目的を持って存在しているのかを再確認したい。

まとめ
 携帯電話は通話だけではなく、インターネットもできるようになり、ワン切り(一度だけコールしてすぐに電話を切ること)、出会い系サイト、料金の不正請求に関する被害が出てくるようになった。子供から高齢者まで携帯電話のユーザーが増え続けていて、着信履歴に残った電話番号にかけ直して、架空の料金請求の被害に遭う場合も、出会い系サイトで知り合った人に気軽な気持ちで会って、恐喝や暴行される場合も、自分は被害に遭わないという先入観を持って生じた被害である。また、携帯電話を利用したいじめも起きているが、携帯電話を持っている子供達には、加害者にも被害者にもならないように、学校は対処しなければならない。子供の頃からすでに、身近な存在となってきた携帯電話であるがゆえに、学校だけではなく、親のマナーも大きく影響することを再認識する必要があるだろう。そのためにも、親と学校が協力した情報倫理教育が急務なのである。

おわりに
 今回、本論文を制作する中で、人や社会が携帯電話に与えた影響よりも、携帯電話が人や社会に与えた影響の方が大きいことが分かった。携帯電話は、携帯電話が登場し始めたときとは違い、一人一人によって携帯電話の価値は異なり、携帯電話の使い方次第で、自由になることも束縛されることにもなる道具である。健全な「ケータイ文化」を育成していくためには、機能の追加に追われるのではなく、あくまでも「人間のための携帯電話」とは何なのか、を追求していかなければ輝かしい「ケータイ文化」の将来を見越すことはできないであろう。

初めましてのプロフィール

【自己紹介】

★ようこそはるしんワールドへ★

 

f:id:penginsouryo:20180904080718j:image

●コンビ名

→はるしん

 

f:id:penginsouryo:20180904061849j:image

 

●ブログ主(ボケ担当)

→恵梨子

●相棒(ツッコミ担当)

→マモル(ペンギンのぬいぐるみ)

●性別&星座

→マジでさそり座の女

●血液型

→O型に近いA型

●宗教

日蓮正宗(最善・最高の宗教)

●大好物

→焼鮭

●趣味

→卓球・ナンプレ

●好きなアニメ

名探偵コナン

●好きな芸能人

辻本達規(BOYS AND MEN)・佐久間由衣平手友梨奈(欅坂46)

●性格

→全て不器用だけど面白い人間。

●将来の夢

→障害者と健常者の架け橋になること。

●診断済

うつ病・花粉症(スギ・ヒノキ・イネ)

●病気関連その他

障害年金2級受給、障害者手帳1級所持、ゲーム課金依存、自傷行為(抜毛症・強迫性皮膚摘み取り症)、OD(オーバードーズ)経験あり。

 

●恵梨子とマモル君の関係

→マモル君の声が聞こえたり(幻聴?)、表情の違いまで分かったり(幻覚?)、マモル君自身も勝手に動くことがある(地震?)。それが、なんらかの病だろうが、なんらかの特殊能力だろうが、マモル君と一緒にいると楽しい、それで十分なのである。

 

f:id:penginsouryo:20180902170511j:image